CBDグミの摂取方法!空腹より効率の良い方法とは

NO IMAGE

病院で処方されたもの・自身でドラッグストアで購入したものでもですが、用法用量として食事の前に・後になど書かれています。

その為、それを守って服用することとなるでしょう。

でもサプリメントなどは特に何も記載はなし、それはCBDグミだって同じです。

いつでもいいということなのでしょうが、毎日忘れず続けるために必ず行われる食事とセットにする方は多いです。

その際に食事の前か後かは気になるところ、せっかくのCBDグミ・どうせなら少しでも効率よく身体に取り入れたいところです。

薬でも、食事で胃に壁を作ってからの方が安全だというものもあれば逆にそれだと十分に吸収されないからというものもあり、素人にはどちらが良いか判断は付かないことでしょう。

CBDグミのおすすめは「食事とともに」です。

摂取したCBDグミは胃で分解されて小腸で吸収、そして肝臓に送られて全身にと正に食事と同じような経路を通って広がっていくことになります。

その際に、食事が一緒だと吸収率が高まりやすいのです。

単体で撮ってしまうと肝臓でその多くが利用されることなく排泄されてしまうのです。

中鎖脂肪酸・長鎖脂肪酸と共に摂取すれば肝臓での影響が少なくて済む、このことは研究により分かっています。

特にオリーブオイル・大豆油等が良いとのことで、これらと一緒に摂取してみましょう。空腹時の3倍から5倍もの血中濃度が高まったというのですから、試すべきです。

人それぞれ体質は異なるのですから、用法用量を守って使用したのに効果があまり感じられなかったという方はいるはずです。

安全性が高いCBDグミ、ある程度まで増やしても健康被害がもたらされることはありませんがそうは言っても怖いです。

そもそも2倍利用すれば無くなるまでの期間も2倍・費用も2倍ということです。

服用量は変えずに効果だけを高めたい、そんな時に摂取するタイミングや共に摂取するものを変えてみることです。

好みの問題もあるのでCBDグミとオイルを一緒に摂取がちょっとという方もいるでしょう。毎日のこと、ストレスを感じながらまでストレスを緩和するためにCBDをというのであれば何のためにやっているのやら分かりません。

そんな時にはグミをかみ砕いた後に舌の下にしばらく留めてから呑み込むといったやり方もあり、じわーっと来るのが感じられるかもしれません。

取り合えず摂取していれば効果効能が得られるはずというのではなく、いろいろと研究してから自身にあった利用方法を見つけるべきです。

多少乱暴なやり方をしても安全なCBD、だからこそやってみなかったら勿体ないです。