CBDリキッドはやばい?危険な精神作用がもたらされることはない!

NO IMAGE

CBDリキッドはやばい?危険な精神作用がもたらされることはない!

ヘンプ由来の成分であるCBDをイメージが悪いからと言ってやばいのではと遠ざけてしまうのは勿体ないことです。

何しろCBDには健康や美容への良い効果がたっぷり、医療の分野でも使われ始めており世界が注目しています。

緊張や不安の緩和・食欲の改善・高血圧の緩和・不眠症の改善など、ストレス社会を生きる現代人を生きやすくしてくれることでしょう。

ニキビなど皮膚トラブルにも効くので10代の方でも積極的に使って欲しい成分、癌治療の現場でも痛みを大幅に軽減してくれるということで期待が高まっているのです。

幻覚や幻聴に苦しめられる・「ハイ」になるといったヘンプ特有の精神作用、それをもたらすのはTHC・カンナビノイドという成分です。

THCとCBDとは異なる物質なのです。

危険な精神作用がもたらされることは無く、中毒性もありません。

ヘンプ草の中でTHCは主に葉・花穂の部分から抽出されるのですが、CBDはそれとは別の部分からです。

繊維を利用したり園芸にも用いられています。

食べている地域だってあるし日本でも神具として利用されてきていて、我々の身近な存在としてこれまでも活躍してきたわけです。

精神的に悪い作用を与えるTHCが入っていない限りは安全、ですから所持しても譲渡しようとも・もちろんCBDリキッドとして日本国内で利用することも合法です。

その効果効能が注目され始めたことから、日本でも百貨店や空港など見かけることが多くなりました。

ちなみに、THCが入っていないということがポイントであり入っていればヘンプと同じく精神作用は受けることとなってしまいます。

ですからそういった製品はたとえCBDとはいえやばい、持っているだけで逮捕される危険があります。

そのような製品を手にしないためには、信頼できるメーカーのものを選んで購入することです。

日本で流通しているものならばまず大丈夫ですが、海外からの個人輸入を行う場合はTHCを含むもの・悪徳業者の作った偽物も多く出回っています。

大量摂取も危険とは言え、実はCBDはかなり毒性が低くよっぽど常識外れの量を一度に短期間で摂取しない限りは命に関わるような危険は起こらないようです。

ただ口の渇き・強い眠気・立ち眩みといった症状が出た例はあり、少量から試し用法用量を守って正しく使うことが必要です。

ヘンプ由来だからやばいといった短絡的な考え方をすべきではなく依存性も中毒性もなく日本で使用しても法に反することはありません。

ですが、THCという危険とは隣り合わせの製品・軽い気持ちで利用すべきではなさそうです。