CBDグミでキマる?大量に取り入れたところで危険が少ない

NO IMAGE

実際に中毒者を見たことがある方は少なくとも、ドラマや小説などの知識で妙にテンションが高くなったり目が行ってしまったりといった状況になることは分かるでしょう。

この状態を「ラリる(キマル)」といった言い方をします。
気持ちよくなるのは良くても、自分で制御できないくらいになるのは恐ろしいことです。

同じくヘンプ由来のCBDグミ、だからこそこのような危険な精神作用があるのではと思っている方もいるでしょう。

でもそれは間違い、CBDグミを使用して「ラリる」なんてことはありません。

強い陶酔作用をもたらすのはTHCという成分です。THCは日本では法律的に禁止されています。中毒性もあり、危険な成分だからです。

信頼できるところで純粋なるCBD製品を買って使っている分には大丈夫、でもTHC入りの悪質な製品も数多く出回っているので注意は必要です。

知らずに手に入れたとしても、所持するだけでも法律違反・逮捕されておかしくはありません。

危険なほどにキマることは無いCBD、でも作用的にキマらないとは100パーセント言い切ることは出来ないのです。

気分など精神的に変化をもたらすことは確か、アルコールを摂取することでも気持ちがハイになったりしますが同じように陶酔作用が起こるのです。

CBDグミを摂取してキマるのは体内のカンナビノイド受容体が活性化されるから、でも自身を制御できないほどではありませんし成分が無くなったとたんに震えが起こったりという離脱症状はないので、それほど怖がることはなさそうです。

全く変化がないのもつまらない、ある程度はキマっていつもと違った状況を楽しんでみたいという方もいるでしょう。

逆にキマってしまうのは怖いという方も、どういう時に決まりやすいか知っておくとその状況を楽しんだり回避することは出来ます。

少量よりも大量に摂取する方が身体への影響は大きくなるもの、かなり大量に取り入れたところで危険が少ないのもCBDグミの特徴ですから少しずつ増やしていって自分にとってのキマる量のボーダーを探ってみるのもいいでしょう。

空腹の時や疲れている時にはカンナビノイドを身体が吸収しようとする力が強まります。リキッド以上にオイルの方が含有量・濃度が高い製品が多く、キマりやすいです。

取り合えず試してみたけれど変化がない、それですぐに追いCBDグミは辞めた方が良さそう、波が押し寄せるまで・つまり体内に行き渡るまでにある程度時間がかかるからです。

今日はこれだけの量で変化がなかったから明日はもう少し増やしてといった方法で、少しずつ自分の身体と対話してみましょう。

ゆっくり休みたいとき・セックスを楽しみたいときとかに、キマる量を摂取したら効果てきめん、ただたくさん摂取すれば減りも早いのでお金とも相談した方が良さそうです。