CBDグミは危ない?使い方さえ間違えなければ身体によい

NO IMAGE

CBDグミは危ない?使い方さえ間違えなければ身体によい

CBDグミはヘンプから作られていますが、「ヘンプ=麻薬」と思って怖がっている方、それは誤解です。

CBDはWHOも認めるくらい安全性が高いものなのです。

むしろ良い効果効能がたっぷり、デメリットはほぼ無いと言っても良いでしょう。

誤った認識で避けるのは勿体ないことです。

こういった事態が起こるのは、テレビのニュースなどで「所持で逮捕」という言葉がよく出てくるからでしょう。

でもヘンプはなんと昔から日本に自生していた植物、旧石器時代にすでに薬草として使われていたようなのです。

「オーガニック・植物由来の」とかいう言葉はサプリメントとか化粧品とかで良いイメージを持っていることでしょう。

ヘンプだってそれと同じく自然の中にあるもの、使い方さえ間違えなければ身体によい効果をもたらしてくれます。

夏にお馴染みの素材である麻だってヘンプ草から出来ています。

七味唐辛子の中にも麻の実が、バイオマスとして燃料にも使われていますしヘンプで出来たプラスチック・断熱材もあり、我々の生活に深く入り込んでいることはちょっと調べればわかることでしょう。

我々のご先祖様が初めに栽培を始めた植物もヘンプ草、それ以来ずっとお世話になり更に研究を続けたことでCBDという成分が我々によい効果をもたらすことが分かりました。

CBDについての研究はまだ途中、いったいどれだけの効果効能があるのか全貌は分かっていません。

身近だけれども奥深い植物、「麻薬」なんて簡単に片づけてしまうわけにはいかないのです。

ヘンプの中の成分の一つがCBD、その他にも数百種類もの成分を採取することが出来、その中の一つがTHCです。

このTHCこそ我々の想像する精神作用をもたらす悪の元凶というわけです。

幻覚が見えたり幻聴が聞こえたり、危険ですから日本では禁止されています。

CBDグミも精神的に影響を及ぼしはしますが、そこに不の影響力はありません。

むしろ良い方向へと持っていくもの、人間の本来持っている身体機能を調整する作用があるのです。

ストレス改善・集中力や記憶力のアップ・睡眠の改善・生理機能の改善などなど、効果効能はあげればキリがなく、今もまだ研究によって見つかっている状態です。

CBD自体が危ないのではなくそれを使う人々の中に危険な思想の者たちがいるので要注意、その人気を利用して偽物を高く売りつけてやろうと考えるものは少なくなく、偽物が出回っています。

それを使用してしまえば危険ということ、中にはTHCが入っているものもありますから相当危険です。

元は他の植物同様に道端に生えていた草、それを人類のために役立てようと研究する人もいれば自身の利益のためにと悪用するものもいるわけです。

どちらの役割を持つものを使うか、誤らないためにも賢い消費者となるべきです。