だるさを感じることはある?睡眠薬とかのメカニズムとは少し違う

NO IMAGE

だるさを感じることはある?睡眠薬とかのメカニズムとは少し違う

仕事に育児に家事に人間関係に、あらゆるストレスにさらされている現代人は常に脳が活性化されたままでゆったり眠ることも出来ずにいます。

そんな中、CBDグミはストレスや不安の緩和といった作用がありピッタリのお薬となるのです。

でも効果が高すぎて、翌日はシャキッと起きてお仕事をしなければならないのに眠気とかだるさが継続したらどうしようと使用を躊躇している方もいるはずです。

不眠症の治療にと処方された睡眠薬・導入剤でも、効果が高すぎるがゆえに朝もすっきりと覚醒できず日中にだるさや眠気が出て困っている方も多いので、同じようなデメリットを不安視するのは当然の流れです。

でもCBDグミは大丈夫、睡眠薬とかのメカニズムとは少し違っているからです。

睡眠薬・睡眠導入剤の場合、脳の機能を低下させる・神経伝達物質の中でも催眠作用をつかさどる部分の働きを活発化させるといった方法で眠りはもたらされます。

つまり強制的に眠りを誘発させているということ、その力が強すぎると日中にも影響してしまうし少なければ眠れない、調整は難しかったりします。

一方、CBDグミはというとリラックス効果・不安や痛みを和らげる効果が安眠へと繋がっているのです。

今日叱られたことをくよくよと思い出していたり、また叱られたらどうしようと緊張してしまって、それだと眠るどころかどんどん眼が冴えてきます。

CBDグミを使うことで「まあいっか・明日また頑張ろう」と思える、不安や心配事が落ち着くからゆったりと眠れるということです。

一方でCBDには脳の神経伝達物質の受容体・セロトニンを活性化させる働きも持っています。

気分を安定させ集中力を高めるこの物質のおかげで、日中にはいつも以上に仕事がはかどることとなるでしょう。

ちなみに夜にはセロトニンに代わってメラトニンが眠りをサポートしてくれて、これらが上手く働いていないからこそ夜なのにやたらと目がさえてしまったり逆に日中にぼーっとしたりといった状態となるのです。

CBDグミで変換を上手く行えるようになればだるさなどの症状が出てくることはありません。

それだけでなく、眠る前の時間は携帯電話やパソコンは閉じて間接照明でゆったりとくつろいで、少しずつ脳内が夜であることを認識できるよう準備を行うようにしましょう。

身体と脳を休めるために睡眠は必須、眠れない状態をそのままにしていると病気が引き起こされる原因となります。

信頼できる製品を使っている限りCBDグミに危険な副作用はなく依存性もなし、睡眠導入剤とかよりもよっぽど安全に質の良い眠りへといざなってくれそうです。”