違法ではない!個人輸入は法律に違反する可能性も

NO IMAGE

CBDオイルは違法ではない!個人輸入は法律に違反する可能性も

CBDオイルを日本で使用しても、所持や譲渡も決して違法にはなりません。

楽天やAmazonといった有名通販サイトで検索すれば数百個単位でヒットします。

違法なものがこれほど堂々と販売されているわけもなく、それだけ見ても大丈夫なことは分かっていただけるでしょう。

CBDに対するきちんとした知識を持っていれば、違法なはずがないことはすぐに分かります。

何しろヘンプから抽出される成分はCBD以外にも数百、普通に野草として食べている地域だってあります。

ヘンプはもちろん日本で禁止薬物に指定されています。

最近でも所持していることで芸能人が逮捕されていますから、子供でも知っている常識でしょう。

気分がハイになってしまったり幻覚や幻聴を引き起こしたり、やがてはそれが無いとおかしくなってしまう中毒症状が出てきたりと精神や神経に強く作用してしまうヘンプ、だからこそ厳しく規制されているのですがその元となるのがTHCという成分です。

THCを含んでいるのは葉と花穂、そこを避けて抽出されたCBDであれば危険はありません。

むしろ身体や美容に良い効果がたっぷり、医療の現場でも注目され始めました。

精神に良い作用を与えてくれるCBDオイル、ストレスに苦しむ現代人を救ってくれる特効薬となるかもしれません。

日本で出回っているCBDオイルは合法です。

信頼できる業者が作り出したものですし、税関などを通るときにわざわざ封を開けて中の成分を確認したりしているのでラベルと中身の改ざんといったあくどい手口で作られたものもシャットアウトされます。

ですが、個人的に海外のものを個人輸入した場合には日本の法律に違反するものが含まれていたりするので注意が必要です。

THC配合のCBDオイルを購入してしまったら、持っているだけでも・気が付かないままに手に入れていたとしても最悪逮捕されてしまいます。

今のところ、日本のヘンプ草栽培農家は少なく海外からの輸入に頼っているのが現状です。

購入するなら信頼できるメーカーのものを選ぶこと、成分表の表示までしっかり確認することです。

CBDオイルは違法ではありません、でも手軽に違法な製品を手にできる現状はあります。

自身の身を守るためにも、賢い消費者でいなければならないというわけです。

日本製よりも安く種類も豊富な海外製、安さや好みだけを基準に選んでいたら気が付けば恐ろしい世界に足を踏み入れることになってそうです。”