飛行機に持ち込める?3つの規定を守ればOK

NO IMAGE

CBDリキッドは飛行機に持ち込める?3つの規定を守ればOK

気持ちをリラックスさせてくれる効果があり睡眠障害を改善できる・更にはお肌を健やかな状態に保てる、そんな効果のあるCBDリキッドですから日ごろから使用しているという方も増えました。

CBDリキッドを使うのが当たり前となると、特に慣れていない場所でいつもとは違う寝具で眠ることとなる出張や旅行にこそ持っていきたいという気持ちも高まるはずです。

車や電車であればともかく、CBDリキッドを飛行機に持ち込むことが出来るのでしょうか。

国内線であれば基本的に機内持ち込み可と考えておいて大丈夫です。

北海道や沖縄に行くとき、いつも通り手元にCBDリキッドはあるというわけです。
ただし制限はあります。

過去にテロ事件で液体型の爆弾を使用したこともあり、飛行機における液体の取り扱いにはかなり慎重になっています。

CBDリキッドもまた液体に分類されることから、一定量以上は持ち込めないのです。

100ml以下の容器に入れること・それを縦横の辺の合計40㎝以内の透明で再封可能なプラスチック製袋に入れること・そのプラスチック製袋は1人1つに限り手荷物検査に手検査係員に提示すること、これら3つの規定を守らなければなりません。

長期的に滞在するというなら、家から大量に持っていくのではなく現地で調達する必要が出てきます。

国際線の場合、持ち込みの可否は一概に述べることができません。国によって規制が異なるからです。

例えばアメリカならば許可された部類のCBDオイルは持ち込み可、その判断はTSA・アメリカ合衆国運輸保安庁という機関が行っています。

もしも規制に引っかかるような製品を所持していたら最悪逮捕ということもあるので、気を付けなければなりません。

その基準となるのがTHCの含有量、日本では元々THCを含む製品は保持することさえ法律で禁止されているのですからそれを海外に持っていくのも持って帰るのもどちらもダメだということです。

アメリカの場合、州ごとにもそれぞれCBD製品に対する規制があります。航空会社だけでなくそちらも調べておくことです。

THCの濃度まで厳密に調べられてということはほぼ無いものの、きちんと品質が証明できるように分析証明書などは持っておいた方が安心です。

それらの手続きが面倒なら、長期滞在ならば行き先にあらかじめネットで購入して直送しておくというやり方もあります。

日本国内であればともかく海外旅行にまでCBDリキッドを持っていこうと思うといろいろと面倒、それでストレスを溜めるぐらいなら短期の旅行なら諦めた方が良いのかもしれません。

依存性はないので、使用を止めたことで禁断症状が出るようなこともありません。